契約も防犯もサポート

契約する時の基本説明

賃貸マンションやアパートに住もうと思ったら、不動産管理会社と賃貸契約を結ぶことになります。
管理会社は、住むにあたっての注意事項や、金額についてのことなどを事前に詳しく説明してくれます。
また、それらが細かく書かれた書類も合わせて貸してもらえるので、都度確認することができます。
もし入居後にわからないことや困ったことが出てきた場合は、直接問い合わせて相談することができ、続けてサポートしてもらえるので安心です。

オーナーに依頼された管理会社は、代理で入居者から毎月の家賃の請求と徴収を行っています。
もしかしたら、請求を無視されるようなことがあるかもしれません。
そういった場合でも、入居者にきちんと確認を取って、徴収してもらえます。

誰もが安心できる暮らしを

不動産の防犯対策についても、管理会社がサポートするべき重要なことです。
最近では、各部屋のドアがオートロックになっている物件が人気です。
また、建物自体の玄関にもロック機能がついている安全性の高い物件もあります。
オートロックだと、鍵を持ち歩く手間や忘れたりなくしたりする心配もなくなるので、入居者にとってはありがたいサポートです。

他にも、植物などで見えやすい部屋が目隠しされていることや、窓の格子や防犯カメラが設置されていることなどが挙げられます。
いずれも、不審者の侵入を防ぐことができるでしょう。
中には、何かあった時のために24時間緊急ダイヤルを設けているところもあるなど、誰もが安心して住むことができるようになっています。

この記事をシェアする
TOPへ戻る